東京・中央区 日本橋人形町  訪問着 留袖 和装花嫁 七五三 お宮参り
着物レンタルと着付け 瑠彌徠(るみーく)

日本橋人形町 瑠彌徠

着物レンタルと着付け
瑠彌徠 るみーく
結婚式|成人式|七五三|訪問着
街着| 着付け|着物レンタル

HOME | 花嫁衣裳プラン

花嫁衣裳引き振袖レンタル着付プラン
福・禄・壽・凛・雅

スタイリング、和装衣裳レンタルから当日着付け・ヘアメイクまでのパックプランです。 

一日一組の限定プランです。
瑠彌徠ではプラン内ご料金で、着物や帯、筥迫、半衿等、
お好きなコーディネートを専属スタッフとともにお選びいただけます。 
下記のレンタル着付プランの流れをお読みになってからプランをご確認ください。

一日一組様限定!福禄壽凛雅
花嫁衣裳レンタル着付けプランの流れ

ご予約からレンタル当日まで・・・必ず、お読みください。 

  1.  ご婚礼のお日にちが決まりましたら、先ずはお電話・お問合せご予約フォームよりご連絡下さい。フォームからの場合、2営業日以内に必ずご連絡致します。

  2. お電話の場合、出張着付け等で出かけていることもありますので留守番電話にお名前とご連絡先を入れていただけますと折り返しご連絡致します。「ご相談日」をご予約いただきます。

  3. 「ご相談日」が決まりましたら、瑠彌徠よりご連絡させていただきます。

  4. 「ご相談日」当日、日本橋人形町の瑠彌徠店舗にご来店いただき、婚礼衣裳の専属スタッフが詳しくお話を伺います。この「ご相談日」に「ご試着日」の決定となります。

  5. 「ご試着日」当日。日本橋人形町の瑠彌徠店舗にご来店いただきます。婚礼衣裳の専属スタッフがお手伝いさせていただき、コーディネートを決めご試着をしていきます。

  6. 「ご試着日」から3日以内に、ご婚礼当日のご予約をお願い致します。こちらでレンタルの本契約となります。ここまでは、その後、「ヘアメイクのリハーサル日」を決めます。

  7.  「ヘアメイクのリハーサル日」当日。日本橋人形町の瑠彌徠店舗にご来店いただきます。weddingヘアメイクスタッフが担当しリハーサルを行います。ここで小物合わせをし、その後のスケジュールや当日の流れなど様々な確認を致します。

  8. ご婚礼前日、ご指定場所・会場へ瑠彌徠スタッフが手持ちで納品、着付け、ヘアメイクに伺います。

  9. ご婚礼当日、お時間に会場へお越しください。

  10. おめでとうございます!

お支払いに関しましては、ご婚礼の2週間前までにお願いしております。「ヘアメイクのリハーサル日」に詳しくお話しいたします。

 

福・禄・壽・凛・雅のご紹介

花嫁衣裳プラン「壽-kotobuki」350,000円

現代によみがえる江戸中期の秀逸 白地帷子 「四季束ね草花檜扇文小袖」

京都にある白木染匠が現代によみがえらせて下さった小袖
美しい檜扇文、四季を彩る草花が見事に染められ
ワクワクするような楽しい軽やかな雰囲気。
この小袖を初めてみせていただいたときの瑠彌徠のスタッフは
喜びと幸福感でいっぱいになりました。
是非、この江戸時代のデザインを花嫁さまにお召しになって頂きたい。
その願いから花嫁衣裳「壽」としてプランを立ち上げました。
 

花嫁衣裳プラン「禄-roku」210,000円

 古き良き時代のアンティーク婚礼衣装

大正・昭和戦前に仕立てられた
日本刺繍を施してある正絹引き振袖(本振袖)をそろえたプランです。
仏教とともに日本に伝来した刺繍は、
その後、日本で発達し伝統的で繊細な刺繍技法として受け継がれてきました。
刺繍を施すことにより、立体感がうまれ
絢爛とした引き振袖(本振袖)を
時を超えて大切に袖をとおしていただけると幸いです。
 

花嫁衣裳プラン「福-fuku」160,000円

 本振袖・引き振袖での御婚礼、祝言

大正・昭和戦前の着物を中心に全て正絹で取り揃えております。
正絹婚礼衣裳は繊細で軽く、とても着心地よい着物です。
ハレの日にふさわしい古典柄が美しく、
色合いも日本古来の伝統色ですので、
挙式・披露宴を華やかに演出してくれます。

 引き振袖とは

裾を引いて着る振袖のこと、「お引きずり」とも呼ばれています。
ふき(裾の部分)に綿を入れて仕立てられています。

明治から昭和のはじめまで黒地の本振袖(現在の黒引き振袖)が最も格が高いとされ
神前式の挙式でも着用できるのは黒地のものだったそうです。
現在はふきの入った振袖を引き振袖と呼びますので
プランでは引き振袖とさせていただいております。
 
アンティーク着物レンタル瑠彌徠では
結婚式、披露宴でお召しになれる
この明治から昭和初期の引き振袖(本振袖)を中心に取り揃えてお待ちしております。

花嫁衣裳プラン「凛-rin 白無垢」「雅-miyabi 色打掛」

白無垢「凛」100,000円(税別)・色打掛「雅」200,000円(税別)

現代の白無垢・色打掛は昭和後期に新しい形でよみがえりました。
室町時代からの流れをくむ白無垢。
江戸時代終わりから近代まで三襲(みつがさね)という
白・紅・黒3枚一組の婚礼衣装があったそうです。
白衣裳で育った家から旅立ち三三九度まで
紅の衣裳で親子盃、親戚盃。そしてその後、刺繍の映える黒の衣裳へ。
昔の婚礼は長ければひと月くらいかかったそうです。
その紅・黒が今の色打掛となったのでしょう。
 
 白無垢、色打掛は現代のものになりますのでレンタルのみも承ります。
また、白無垢「凛」は160,000円(税別)の衣裳もございます。
お気軽にご相談ください。

花嫁衣裳 引き振袖 白無垢 色打掛
レンタル着付けヘアメイクプラン 福禄壽凛雅

 【プランに含まれるもの】
着物・帯・長襦袢・肌襦袢・裾除け・タオル・腰ひも・足袋・草履
花嫁5点セット・洋髪ヘアメイクリハーサル
挙式当日の洋髪ヘアメイク、着付一式 
【お客様にご用意いただくもの】
ご婚礼当日ご用意いただきお持ちいただくものは
 当日、ご来店時にお召しになっていた服を入れるバック・袋物だけです。
【着付け当日のお願い】
前開きのお召し物(前開きのブラウスやカーディガン)でお越しください。
ヘアメイクをご予約の方はノーメイク・髪の毛は乾いた状態で
整髪料などを使用しないでください。
 
【ご新郎様衣裳についてのご案内】
紋付袴レンタル着付けは別途35,000円(税別)
ご新郎様ヘアメイクはヘアセットのみ別途3,500円(税別)メイクのみ別途3,500円(税別)となります。
 
【その他】
地毛結高島田、地毛結新日本髪、かつら、簪、 ドレスチェンジ、介添えなどにつきましては
オプションとなりますので、詳しくはご相談時にお話しいたします。
また、御婚礼出張瑠彌徠にも記載しておりますのでご覧ください。
 
花嫁衣裳のお問合せ・ご予約は
こちらのフォームからお願い致します。
お電話でのお問合せ・ご予約は03-6661-6525まで
お問い合わせください。
営業日時 火曜~土曜日 11時~17時

不在の場合もありますので必ずお名前とご連絡先をお願いします。